東京婚活口コミステーション

恋愛に関する話



恋愛に関する話 83


結婚後に「自分の結婚生活があまり幸せではない」と答えた女性は、結婚前に、幾つかの共通する特徴があったそうです。それは、(1)交際中に男性とあまり話し合いができなかった、(2)交際中に将来の不安を感じた、(3)婚約するまでに何らかの問題が発生したという3つです。そうならないためには、とにかく結婚の決断を急がないこと。彼に今の気持ちをすべて正直に話す必要はないですが、結婚の話が出たら、「心がまだ決まらないから」と待ってもらうのがベストかと思います。年齢や周囲からのプレッシャーもあるとは思いますが、「迷いを抱えたままで、結婚を急ぐ必要はない」ということだけは、ぜひ心に留めておいて下さいね。
結婚してみないと分からないこと、生活してみて初めて知ること、改めて分かることが沢山ある。見えてなかったものや、見ようとしてこなかったものが山ほど出てくる。生活を重ねていく上で様々な諸問題にもぶつかる。金銭面、仕事、家事分担、子育て、教育、互いの親、取り巻く人間関係等。好きなだけじゃ生活は成り立たない、愛だけでは食べていけない。
女性が結婚を意識した際に、外見よりも経済力が重要になってくるのは当然なのかもしれませんね。とはいえ、付き合うにしろ結婚するにしろ共通であげられるのが、自分だけを誠実に愛してくれているという「安心感」。そこが欠かせないポイントのようです。これから結婚相手を選ぶ女性たちは、今付き合っている彼、これから付き合いたい彼に対して「安心感」を感じているか、再確認してみてください。結婚を決断する大切なポイントになるかもしれません。
「モテる男性」といえば、どんな男性を思い浮かべますか? 収入が多かったり、格好良かったり、身長や学歴が高かったり、家柄が良かったり、何かの分野の才能に秀でていたり等々、それぞれの「モテ要素」があるものですね。よくミュージシャンの方が、楽器を始めたキッカケとして「モテたかった」などと語ったりします。とはいえ、誰もが「モテる男性」に成長できるわけではありません。恋愛の世界は決して平等ではないので、こういった「モテ要素」を持たないために、恋愛ができない、という人もいます。まずは女子の話題にもついていけるような、オネエ系っぽい男子キャラになり、女の子の群れに混じって、みんなと仲良くなってしまいます。そして後々、チャンスを見計らって、「いざとなったら男」アピールをし、そのグループの女の子の誰かと、恋愛関係に持ち込んでしまう、ということになります。



Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved