東京婚活口コミステーション

恋愛に関する話



恋愛に関する話 80


年齢とともに下がる「お見合い快諾率」。お見合い快諾率(お見合いできる割合)は、全年齢平均で6.6%。性別で見ると女性は7.8%、男性は5.8%だった。女性の男性からの快諾率は、20代後半の11.4%から年齢を追うごとに約半分の6%台まで低下。男性の女性からの快諾率も20代後半の8.6%から40代後半までに4.4%にまで低下している。男性はゆるやかに低下するのに対し、女性は39歳までに数値が急落。「男性に比較し、女性は年齢が重要な要素になっています」と調査では分析している。
結婚へのあこがれはありますが、苦労を考える。だからといって未婚でいるのも肩身が狭いし。女性って損ばかりですよね?男女平等とはいえ、出産だけは女性にしかできないもの。夫婦で子育てをするといっても、夫の職場環境によっては難しい。かといって、夫の収入だけでは不安。現代の女性は、その立ち位置に悩む方がとても多いのでしょうね。とはいえ、女性ばかりが損をしているわけでもなく、何かを得るために何かをあきらめる覚悟がいるのは、男性にとっても同じこと。目の前の現実と折り合いをつけながら、生きていかなくてはなりません。
「婚活サイトに登録しようとしたら、出身大学や勤務先はもちろん、年収から家族構成まで書かなければならない。自分はあまりいい大学を出たわけでもないし、年収も高くはない。それでも背に腹はかえられないと数十万円の登録料を払って登録しましたが、成果はゼロ。聞けば、女性は年齢だけを登録すればいいとかで、正直、その差に愕然としました。なぜ男ばかりが値踏みされなければならないのか」



Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved