東京婚活口コミステーション

恋愛に関する話



恋愛に関する話 77


先月27日に結婚したお笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(41)と元TBSで現在フリーの青木裕子アナウンサー(30)が6日、フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」の生放送で結婚披露宴を行った。矢部がレギュラー出演するフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」が4月6日に予定していた2時間半のスペシャル枠を生放送に変更した。めちゃイケメンバーや西川きよし夫妻、作家の畑正憲氏(77)らが列席。相方の岡村隆史(42)とフリーアナウンサーの徳光和夫(71)が司会、加藤浩次(43)夫妻が仲人を務めた。番組の最後には「心のパス交換」として矢部と岡村が“本音”をぶつけ合いながらサッカーボールを互いにパス。「これからも良きパートナーとしてこれからも頑張ってくれますか」(岡村)、「もちろんです」(矢部)とコンビ愛を深めた。さらに岡村は「婚活頑張ります」と矢部に続くことを誓った。
「年収600万円以上の適齢期の未婚男性は5.7パーセントしかない」ので、女性は理想年収を落とし、自分も働くことで世帯年収を上げようといった主張は、わずかしかいないいい男の奪い合いへと変換された。こういった「誤解に基づく婚活を行うことで、逆に結婚が遠のくという現象」が起こっているのだという。
アベノミクスによる景気回復への期待が高まってきていますが、製造業の雇用をめぐる情勢はまだまだ芳しくありません。東京商工リサーチが2013年4月8日に発表したところによると、2013年に入ってから希望・早期退職者の募集実施を発表した上場企業は4月5日時点で34社。2012年は1年間で63社でしたから、前年を上回る勢いです。希望・早期退職の募集状況を伝えるニュースを読むたびに、「当初の募集人数を○○人上回った」という一節に目が留まります。そういったニュースを読んで「それだけ多くの社員が会社を見限ったのか」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに会社の将来が不安で応募する方も中にはいらっしゃるのかもしれませんが、実態はそうではないように思います。私は今、キャリアコンサルタントとしてIT/製造業エンジニアの転職をお手伝いする立場ですが、もともとは製造業出身。今も製造業で働く昔の仲間から「この人の転職を支援してくれないか」と頼まれ、希望・早期退職されたベテラン技術者の転職活動を何十人とお手伝いしてきました。




Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved