東京婚活口コミステーション

恋愛に関する話



恋愛に関する話 74


政治家の森氏は「結婚」に力点を置いた新しい政策にも取り組んでいる。結婚についてのやりとりはあったのか「ある方は婚活支援。そういったことも、今まで国は財政支援してませんでしたから。今、地方自治体だと、一部やってるんですね。奈良県とか。それを国として、踏み込むかどうか。これをどう考えるかというお話はありました」「例えば、成長産業とリンクさせて、これから日本の将来を考えたときに、間違いなく必要な職種、産業ってありますよね。介護とか、農業漁業、自衛隊。そういった部分の支援だったらやるのかどうかとか。いろんな頭の体操があってよかったです」
婚活は条件の挙げ方など、 実は「物件探し」と似ているのです。物件探しをする際、「築○年以内で、できれば○駅から○分以内で、部屋は○畳ぐらいで、部屋の向きは○、お風呂とトイレは……」等、最初は高条件を挙げる人が多いと思います。でも、望む条件と家賃の折り合いがつかず、どこか妥協して入居を決める。婚活中の女性は相手の年収以外は妥協していないことが多く、しかも妥協した額ですらまだ高めの設定ですから、高条件だけれども家賃は自分の希望通りの物件探しを婚活でしている、ということです。こんな探し方では物件が見つからないことと同じく、結婚相手が見つからないのは当然ではないでしょうか。物件探しの経験者であれば分かると思いますが、入居を決める際、築年数は大きなポイント。婚活中の女性が男性から、築年数という年齢を重視されてしまうことと同様です。婚活中の女性が「自分の市場価値を知らない」と先にお伝えしたのは、この築年数を軽視している傾向が強いから。
ロシア大統領府は26日、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が先週末に行ったシベリア(Siberia)南部トゥワ共和国への休暇旅行で、重さ21キロのカワカマスを釣り上げたと発表し、同大統領の「自然を愛するタフガイ」ぶりを再びアピールした。旅行にはドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev)首相も同行。その様子は国営放送でも放映されたが、首相が釣りに興じる姿はなく、モーターボートのへさきで望遠レンズを構え写真を撮る姿が映されただけだった。
婚活で言ってはいけないこと、それはギャンブル・タバコ・アルコールである。その人のルックスや性格以前にこの3つのフレーズを口走った瞬間に「選考外」となることを覚悟しよう。これは倫理的な問題というよりも、単に同じ趣味を嗜む人が少なくなる(また、嗜まない人にとってそれは大変苦痛である)という事が大きな問題である(アルコールは他2つよりも許容する人が比較的多い)。だが、相手のステータスが開示されていない以上、こちらもマイナスなステータスを開示する必要はない。お見合いパーティに限ったことではないが、婚活は基本「減点法」であり、「メリットを極力目立たせ、デメリットをを極力目立たなくさせる」事が基本戦術となる。



Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved