東京婚活口コミステーション

恋愛に関する話



恋愛に関する話 73


恋人とは自然に出会いたい」とは、よく聞く話ですが、自然な出会いには“良い友達がいること”が不可欠になってきます。普段どのようなコミュニティ に身をおいているかで、できる彼氏のタイプも、ガラッと変わってくるのです。長続きする良い恋愛をしている人は、友人関係も充実しているケースが多いようです。男女問わず“友達ができにくいタイプ”は恋愛においても損をしそうですね。とくに婚活や合コンといった出会いを好まないタイプの女性にとっては、まず友人関係を充実させることが、恋人作りの近道になります。
未婚男性の10人に4人は婚活に前向き。どの職業でも一定数の未婚男性が婚活を経験。次に、婚活経験の有無や、意欲の有無に関して聞いてみました。その結果、全体では「婚活中」(11.3%)、「婚活経験はあるが、今はしていない」(7.6%)、「婚活経験はないが、婚活したいと思う」(22.0%)と、実に40.9%の未婚男性が婚活に前向きで、男性の間でも婚活が浸透している現状が伺える結果となった。職業別では、「婚活経験中/済」の割合が最も多かったのは、結婚願望ありが56.0%となった研究開発で、「婚活中」(20.0%)、「婚活経験はあるが、今はしていない」(10.0%)と30.0%が婚活経験者という結果に。研究開発に続いて婚活経験者が多いのは、公務員(26.4%)、営業(21.0%)、事務・管理(21.0%)の順。文系・理系の職業にかかわらず、ほとんどの職業で婚活経験者が存在している。
俳優ウォンビンの過去写真が話題になっている。最近、あるオンラインコミュニティには「ウォンビンの過去写真」というタイトルで数枚の写真が掲載された。写真の中でウォンビンは彫刻のようなルックスを見せつけた。キラキラと輝く瞳とすらりとした鼻筋、スリムな顎のラインをアピールしながら女性ファンを虜にした。ウォンビンの過去写真を見たネットユーザーは「ウォンビンの過去写真、本当にすごい」「ビン様、とてもハンサムだ」「産まれてきてくれてありがとうございます」「真の男神だ」「はっという声が出るほどハンサムだ」「ウォンビンの過去写真、感嘆詞が出る」などの反応を見せた。
合コンは手っ取り早い婚活の手段ですが、相手が結婚を求めているばかりではない場合もしばしば。また婚活パーティでも、年収や学歴などをストレートに聞き出そうとしようものなら、ドン引きされること請け合いです。条件にあった相手を見つける手段として、結婚相談所を利用した「お見合い」が再注目されるようになっています。「男性がお見合い相手を決める時に一番重視するのは年齢」である理由として、男性は「見た目や出産適齢期という理由に加え、『若い方が素直で自分色に染められる』『自分の言うことを聞いてくれる』という幻想を強く抱く」と指摘しています。一方、男性の場合は、年齢そのものよりもむしろ、「年齢から来る見た目の問題が大きく影響」するとし、頭髪や肥満などの見た目で快諾率に差が生じていると分析しています。



Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved