東京婚活口コミステーション

恋愛に関する話



恋愛に関する話 72


婚活を始めてから、もう何人の人と会っただろう。毎回断るのは胸が痛むけど、結婚したいと思える人に出会えないのだから仕方がない。もう私も35歳だし、選べる立場じゃないのはわかっているつもりなんだけど…。いつか出会えると信じて頑張るしかない。でも、たまにわからなくなるの。本当に私、幸せになれるの? ここから抜け出せる日が来るの?幸せになるための活動のはずなのに、辛い。弱気になって涙する夜も。出口の見えない婚活生活。いつまで続くのかしら。あなたが本当に求めている人や避けたい人を、あなた自身が理解していないところに原因があるのです。自分のことですら理解していないのに、恋愛ならともかく、婚活で結婚相手を決めるのはムリな話です。まずは、あなた自身を探ることから始めてみましょう。
「若く見られるから、同年代や年下男性と結婚したい」 という方は、結婚情報サービスセンターや結婚相談所での結婚には向きません。 なぜなら、結婚情報サービスセンターや結婚相談所では、最初に釣書(プロフィール)を見ていただくことになるからです。 「若く見られる」以前に、実年齢がわかってしまうんです。 「若く見られる」方は、そのための努力をしてこられたことと思います。とても素敵です。 だけど「若く見られる」は「若くない」ということ、それも事実。 本当に若い人には「若いね」と言います。「若く見えるね」とは誰も言いません。
アベノミクス「第3の矢」の柱として掲げられた政策が、「医薬品のネット販売解禁」。副作用や誤使用による健康被害リスクも叫ばれる中、政府がネット販売解禁に拘泥する意図はどこにあるのだろうか。政府の産業競争力会議で民間議員を務めた三木谷浩史・楽天会長は、「(ネット解禁が)できないなら、議員を辞任する」と強硬に解禁を主張したと報じられた安倍首相はその主張を容れて解禁を発表した形だが、これには自民党内からも「いつから我々は三木谷さんのポチになったのか」(橋本岳・代議士)との批判が巻き起こった。その間、医薬品のネット販売大手・ケンコーコムの株価は暴騰し、2期連続の赤字ながら一時は50万円を超える最高値をつけた(6月20日の株価は23万1400円)。楽天は昨年6月、「1株5万4943円」で約15億円分のケンコーコムの増資を引き受け、子会社化している。
兵庫県神河町は人口の増加を目指し、結婚に向けた活動を支援する会を立ち上げた。同町の住民6人が相談員として男女をサポートする体制を整え、町は「結婚を希望する会員を広く受け入れたい」としている。県の推定人口によると、同町の人口は7月1日現在、1万1822人と県内最少。大学進学や就職で若者が町外へ流出し、婚姻届の受理件数はここ数年、年間20〜30件台で推移する。会の婚活では、登録段階で1対1の見合い形式か、パーティー形式の出会いかを選べる。見合い形式の場合は、専属の相談員が登録者の意向を尊重しながら相手を探す。



Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved