東京婚活口コミステーション


恋愛に関する話

恋愛に関する話 48


未婚男性の10人に4人は婚活に前向き。どの職業でも一定数の未婚男性が婚活を経験しています。未婚男性の55.7%が結婚したい。公務員は4人中3人に結婚願望あり。結婚願望が高い男性の職業は1位公務員、2位同率で営業と専門職が人気です。職業が全てではないけど結婚は色いろな条件が重なりますからね。さて中国では独身の日として11月11日があり、結婚適齢期の独身が増えているようだ。中国国内の大手婚活サイトも増えており、独身者が多い地域ランキングでは、湖北省が伸びてきているのが現地の間で話題になったようだ。18歳から32歳までの独身が増えており、独身でいる理由として男性が容姿や仕事に自信が無いと考えており、仕事が忙しすぎる事や自分の交友範囲が狭すぎる事やいつも家にいる事や、以前の恋人が忘れられない事などのようだ。また独身でいる理由として、自分に自信がなく、出会いの場にでないからといったところだろう。一方の日本女性の平均初婚年齢は約29歳となっている。つい帰省するたび結婚を急かされては周りの友人もまだ結婚していないと言っても、本音は婚期を逃がしそうで不安な人が多いのだ。話をまた海外に目を向けると、日本企業からよく目を向けられるフィリピンでは、女性の平均初婚年齢が22歳とかなり若く、日本では新入社員にあたる年齢と言うことで、結婚が早い感じがするがフィリピンでは結婚して当たり前の年齢との事で羨ましい限りである。
婚活していると子供が欲しいって本当によく聞かれます。世の男性の中には単に自分が若い女性を希望する理由づけとして子供のことに触れている場合もあるので注意が必要です。ためしに婚活サイトなどで男性がパートナーに希望する年齢のところをみると、見事に20代から30代前半ばかり。40代、50代の男性であっても20代から30代を希望しています。普通に考えると単なるわがままに聞こえそうですが子供が欲しいからと言ってしまえば周りはなんとなく納得してしまうものです。ともかく、子供が欲しいと言っている男性の全員が必ずしも本当に子供を望んでいるわけではない、という事は肝に銘じておきたいところです。さて婚活中の人は誰でもいいとか普通でいいなどと、無条件に結婚したい気持ちをアピールしますが本当にそうなのでしょうか。普通という基準は人それぞれ異なります。実際に「普通の人なら誰でも」と豪語した婚活中の女性に追求してみたところ、現実は「年収500万以上、長男以外、サラリーマン、首都圏出身、初婚」が本音でした。仮に適齢期を20〜40歳とすると、その平均年収はおよそ390万円。500万を超えるのは、かろうじて40歳以上という数値。相手の年齢を問わなければ、候補となる男性の母数は増えるかもしれませんが、彼女の希望である初婚で長男の首都圏在住っていう条件までフィルターにかけたとしたら、そうやすやすと出会える人数ではないですね。
そろそろ結婚したい、婚活でもはじめてみようかなと思ったり、結婚したいなと思った時が適齢期です。難しいことはありません。婚活って、結婚したいと思うことそして行動を起こすことのふたつだけ。はじめの一歩を踏み出してみよう。婚活の場には、ときどき結婚願望の薄い男性が紛れていることがあります。または、とっても惹かれるけど、はまらないほうがいい相手もいるんですね。

 



Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved