東京婚活口コミステーション


恋愛に関する話



恋愛に関する話 34

婚活で恋人が出来た人は、お相手にプレゼントをあげる時期は不安になったりするものです。

デパートでも、クリスマス商戦が活発になっており、
相手のためにアクセサリーを選んでいる男性も見受けられます。

誕生日やクリスマスなどの特別な日は、恋人にプレゼントを贈るカップルも多いでしょう。
プレゼントするタイミングってどこにあるのだろうか。
特に記念日でなくとも、恋人にはプレゼントってするのはどんな人でしょう

最近は男性の草食にヤキモキする女性が多い、好きになったら、まっすぐ情熱的な姿勢は、女性のハートを射抜く確率も高いような気がします。共働きを受け入れたり、家事協力の精神を多少なりとも覚えてもらう必要はあるかもしれませんが、恋愛難・少子化の社会問題を蹴散らすような、九州男児の情熱と勢いに期待したい。情熱的で一本気、直情型。恋に落ちたら、恋愛にテクニックは不要で押して押して押しまくるなどターゲット女性に攻め込むのが典型的な九州男児。まっすぐな彼らは、好きイコール結婚という方程式にも迷いがなく、将来設計がどうのと細かいことに囚われずに結婚を決める人が多いようです。実際に、九州男児は結婚が全国一早いようだ。

親による子供の婚活イベントが開催され、子供の結婚相手探しのため、本人のプロフィールを手にした両親で賑わっていた。男の子を持つ親に息子さんの理想的な結婚相手は、ルックス・性格いずれも良いこと、安定した仕事を持っている事以外に、親は我が家と家柄が釣り合っていることという条件を挙げた。ご縁があれば、相手の家庭環境については問わない。彼らが相手に高望みしない。息子の身長が1メートル70センチ未満や学歴が中等専門学校卒業だからなどの理由があるようだ。それ以外の、男性本人の条件が悪くない家庭は、相手の女性側の家庭に対してある程度の条件を出しているみたいです。
婚活からの結婚は、自分達だけの問題ではないのですね。

約半数の人がたまにプレゼントをする。
まず注目したい点は、男女ともに、約半数の人がたまにするとの事。
具体的にどのようなものを挙げているかといえば、旅行のお土産といった軽いものから、
たまたま相手が好きそうな物を見つけた時とかプレゼントしてあげたくなるなんて事もある。
プレゼントをする際にポイントとなる点は、相手の負担にならないようにということ。
負担にならない程度で、相手を喜ばせるには有効な手段だ。

頻繁にプレゼントをする人は全体の約2割ほど。
意外と多いと感じる人も多いかもしれない。頻繁にプレゼントをするという人は、
全体の約2割と言う事。「相手に似合うもの、喜ばれそうなものをふと見つけたら、つい買ってしまいます」
なんて人もいます。

記念日だけプレゼントするという人は少ないみたいです。
多くの人は、旅行のお土産や買い物をしていて、相手がもらったら嬉しいだろうと思うちょっとしたものを、記念日には高価なものをプレゼントするみたいです。

結婚は2人の問題ですからね。





Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved