東京婚活口コミステーション


恋愛に関する話



恋愛に関する話 05


中国には近代になってからの恋愛文化がないようで、今ではいきなり婚活をしないといけない時代です。家と車とお金がない男性とは結婚しないと言い切る女性たち。大卒でも就職できない女子大生たちは新聞広告を出して結婚相手を募ると言います。とりあえず、お金のある年上の男と結婚して、生活を安定させてから就職口を探すというのが彼女たちの戦略。彼女たちは日本女性よりもはるかにハングリーで、そういう結婚もできるでしょう。結婚相談所の取材で一番結婚しやすい人はどんな人とよく聞きます。答えは条件の良い人でも、きれいな人でなかった。惚れっぽい人ということです。
燦燦の舞台あいさつに吉行和子、宝田明、宮田道代、田内一子、都村敏子、竹居正武、遠山陽一、外山文治監督が来場した。本作のテーマは77歳の女性の婚活。介護の末に最愛の夫を亡くし、孤独に生きてきた女性が、人生を輝かせてくれるパートナーを探すためにお見合いを重ねていく姿を描き出す。主人公と同い年なので、自分のことのように思いながら演じたと語った吉行は監督は32歳のくせに、こういうふうに高齢者を描くなんてと感激の表情を見せ、さらに老人は心が動かないと思っている人が多いですけど、いくつになっても心が動いているんです。だからこの映画をやっていて楽しかったし、素晴らしい監督だと思うと若き才能を称賛されている。
婚活をしている人はぜひとも参考にしてほしいです。




Copyright (C) 東京婚活口コミステーション All Rights Reserved